新潟県・長岡市周辺で建築家と建てる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを請求する

イベントの予約をする

イベントの予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを請求する

イベントの予約をする

イベントの予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

長岡市で平屋を建てるなら?間取りを決めるポイントやメリット・デメリットを解説

家づくりノウハウ
公開日:2024.05.21
最終更新日:2024.06.04
R+house長岡インター店の家づくり写真
R+house長岡インター店の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.05.21
最終更新日:2024.06.04

長岡市で平屋を建てるなら?間取りを決めるポイントやメリット・デメリットを解説

中央の窓が印象的な平屋
平屋とは、リビングやキッチン、浴室などすべての部屋がワンフロアにある1階部分のみの住まいのことを指します。平屋というと、サザエさんの家のような昔ながらの日本家屋をイメージする方がいるかもしれません。しかし、近年ではデザイン性や間取りにこだわった平屋に人気が集まっています。今回は、平屋のメリット・デメリットをはじめ、間取りを決めるポイントを解説。長岡市周辺で平屋におすすめのエリアもご紹介しているので、平屋の注文住宅を検討中の方は参考にしてください。

目 次

平屋のメリット・デメリット

住宅のメリットとデメリット
平屋の家は2階建ての家に比べて、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。まずは、それぞれ確認しましょう。

平屋のメリット

平屋のメリットは以下のような点にあります。

・効率的な生活動線で間取りを考えられる
・バリアフリーに対応しやすく子どもでも安心
・家族がだんらんできる空間がつくりやすい
・単身者や夫婦2人家族がコンパクトに暮らせる
・メンテナンスしやすい

平屋のメリットのひとつは、ワンフロアで生活のすべてが完結する住みやすさといえるでしょう。家事をするために1階と2階を行き来する必要もなく効率的で、階段がないため小さな赤ちゃんからお年寄りまで安心して生活できます。

また、国勢調査によると家族の姿は年々変化し、近年では単独世帯や夫婦のみ世帯も増加しています。このように、増加している単独世帯や夫婦のみの世帯がコンパクトな生活を実現しやすいことも、平屋住宅が注目されている理由のひとつと言えるでしょう。

参考元:内閣府男女共同参画局|男女共同参画白書 令和4年版 特-5図 家族の姿の変化 

平屋のデメリット

現代のライフスタイルや家族のかたちに合った平屋ですが、一方で以下のようなデメリットも挙げられます。

・床面積を確保するために広い土地が必要
・収納が足りなくなりがち
・日当たりや風通しに配慮が必要
・防犯面や災害時に不安が残る

平屋のデメリットとしてまず挙げられるのが、広い土地が必要になるという点です。2階建て住宅と同じだけの床面積を確保しようとすると、より広い土地を探さなくてはなりません。また、部屋数が多くなるほど、外と接しない部屋ができるため、日当たりや風通しが悪くなりがち。そのため、採光や通風に配慮しながら間取りを工夫する必要が出てきます。

平屋に適した土地を選ぶポイント

住宅街の空き地を見つめる男性
デメリットからも分かるように、平屋を建てるときには土地選びが重要になると言えます。平屋に適した土地を選ぶときには、以下のようなポイントを意識しましょう。

充分な土地の広さがある

快適に生活するための住まいの広さは、ライフスタイルや家族の人数によってさまざま。そのため、平屋に必要な土地の広さは一概に決められません。しかし、国土交通省による「住生活基本計画における居住面積水準」がひとつの目安になるでしょう。この資料によると、多様なライフスタイルを想定しながら豊かな生活を実現するためには、2人世帯で75㎡(約23坪)。4人世帯で112.5㎡から125㎡(約34坪から約38坪)の広さが目安となっています。

参考元:国土交通省|住生活基本計画(全国計画)
参考元:厚生労働省|住生活基本計画における居住面積水準

>>参考コラム:長岡市の土地価格やおすすめエリアが知りたい!注文住宅を建てるときのポイントもチェック

建ぺい率や用途地域が適している

土地には、その敷地に対して建てられる建物面積に制限が設けられています。建ぺい率と呼ばれる建物面積の制限は、土地によって異なり、一般的な住宅地で30%から80%ほど。つまり、たとえ土地が広くても建ぺい率が低ければ、平屋を建てるのに充分な広さが確保できない場合もあるのです。

また、快適な平屋生活を手に入れるためには、用途地域も確認しておくのがおすすめ。第一種低層住居専用地域や第二種低層住居専用地域と定められているエリアは、建築可能な建物の高さが制限されています。そのため、平屋を建てても、周囲に日当たりや風通しを阻害するような高い建物が建つ心配もが減るでしょう。

災害リスクの低いエリアになっている

水害や津波が起きたとき、2階へ垂直避難できないのが平屋のデメリット。そのため、平屋に適した土地を探すためには、ハザードマップが必要不可欠です。特に、長岡市ではほとんどのエリアで浸水0.5m以上が想定されているため、候補の土地とハザードマップを照らし合わせながら立地を検討しましょう。

参考元:国土地理院|重ねるハザードマップ(長岡市)

>>参考コラム:長岡市で注文住宅を建てるなら水害対策や耐震住宅の検討を!おすすめ居住エリアも紹介

長岡市で平屋におすすめのエリアは?

マイホームの立地場所イメージ
平屋向きの土地選びのポイントを踏まえると、長岡市内では中之島周辺や、越路北部周辺エリアがおすすめ。長岡の産業に関わる中之島や越路北部周辺のエリアは、市内で見ても土地価格が安い傾向にあり、スーパー「原信」をはじめドラッグストアなども豊富で買い物にも困りません。長岡駅周辺のタウンエリアも住宅開発が進むニュータウンの地域ではありますが、土地の価格が高い傾向にあるため、平屋を建てる場合は割高になってしまいます。

ただし、中之島や越路北部エリアは、ハザードマップで見ると浸水が想定されているエリアに指定されています。そのため、平屋を建てる場合には基礎部分を少し高めに設定するなど、災害対策を工夫すると安心です。

平屋の間取りを決めるポイントを施工事例とともにご紹介

最後に、平屋の間取りを決めるポイントについて、R+house長岡インター店で手掛けた平屋を例にご紹介します。

生活の動線を考える

勾配天井のLDK
2階建てに比べてワンフロアが広くなる平屋は生活動線を考えて、無駄を省くことが重要です。

たとえば、外出時は洗面所で身支度を整え、トイレに行き、上着を着てから出かけます。反対に、帰宅したら手を洗い、上着を片づけてからリビングへ行けるとスムーズです。この流れを踏まえて、玄関から洗面・トイレ、クローゼットなどの収納からリビング・ダイニングへと、動線がつながっていることで生活がスムーズになります。

>>施工事例「かしこい家」について詳しくはこちら

リビングの開放感を意識する

どの部屋から眺めを楽しめる中庭
家族が集まるリビングは、生活の中心となる部屋です。平屋全体の住み心地のよさを追求するためにも、リビングの開放感がポイントになります。たとえば、吹き抜けや勾配天井を取り入れるのもひとつの手。また、中庭を設けることで、日当たりも良くなり開放的なリビングになります。

>>施工事例「遊歩道に沿う粋な平屋」について詳しくはこちら

プライベートスペースもバランスよく

大きな窓のある書斎コーナー
平屋は家族のコミュニケーションがとりやすい反面、プライベートな空間がなくなりがち。そのため、開放的なリビングだけではなく、ほどよいプライベート空間を設けることで、ストレスなく過ごすことができるでしょう。

>>施工事例「空を切り取るハコニワの家」について詳しくはこちら

>>参考コラム:長岡市で注文住宅を建てる方必見!建築相場と坪単価を紹介

長岡市で平屋を建てるならR+house長岡インター店にご相談ください

生活の動線がスムーズで、家族のライフスタイルに合わせて暮らしやすい平屋。土地によっては向き不向きもありますが、R+house長岡インター店ではご希望に合う土地探しからお手伝いが可能です。家づくりのプロとして土地を見極める目だけではなく、敷地の特性を活かせる技術によって、お客様の希望にマッチする最適な土地選びをサポートします。長岡市周辺で平屋の注文住宅を検討している方は、是非R+house長岡インター店にご相談ください。
#新潟県長岡市#平屋 #注文住宅 #新築 #R+house #家づくりの基礎知識 #間取り #設計 #デザイン #事例紹介

おすすめの施工事例
実例をご紹介いたします

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

お母さんと娘さん
I親子
新潟県西蒲原郡弥彦村
暖かく、素敵な家になりました。
住み始めてちょうどひと月がたちました。 暖かい部屋、憧れのIHキッチン、そして何よりもうっとりするような素敵なデザインの室内に母も私も言葉では言い表せないほどの満足感を感じています。 住んでみて...
お母さんと娘さん
I親子
新潟県西蒲原郡弥彦村
暖かく、素敵な家になりました。
住み始めてちょうどひと月がたちました。 暖かい部屋、憧れのIHキッチン、そして何よりもうっとりするような素敵なデザインの室内に母も私も言葉では言い表せないほどの満足感を感じています。 住んでみて...
続きをみる
男性
Sさん
新潟県長岡市
R+houseを選んでよかったです。
以前は、父親の介護をしながら小千谷市の実家で暮らしていましたが、父が他界して程なく息子が誕生。小学校に入る前に長岡市へ転居して環境を整えることにしました。土地を購入後、地元の工務店に絞って情報を集め、R...
男性
Sさん
新潟県長岡市
R+houseを選んでよかったです。
以前は、父親の介護をしながら小千谷市の実家で暮らしていましたが、父が他界して程なく息子が誕生。小学校に入る前に長岡市へ転居して環境を整えることにしました。土地を購入後、地元の工務店に絞って情報を集め、R...
続きをみる

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

R+house長岡インター店の家づくり写真

R+houseの平屋

人気の「平屋住宅」。平屋にはメリットがたくさんありますが、条件として「広い土地」が必要だというところがあります。それがクリアできずに狭小住宅や2階建てしか建てられないことが多いですが、ここ長岡市を始めとした中越地方には幸いにも、「リーズナブルで広い土地」が多くあります。この土地だからこそ建てられる平屋住宅を、一度考えてみませんか?
R+house長岡インター店の家づくり写真

耐震等級3の高耐震住宅

長岡市を含む新潟県は、中越沖地震や能登半島地震による大きな被害を受けた地域です。
また、全国的にも、東日本大震災以降住宅の地震対策に関する関心はさらに高まっています。
そこで、R+house長岡インター店は今後のリスクに備えて、全棟で国が定める耐震性能の最高ランク「耐震等級3」を標準仕様とした高い水準の耐震住宅を提供しています。
さらにお家を建ててからも長きに渡って安心して暮らせるためのアフターサポートもご用意してご家族の暮らしを守ります。
家づくりにおいて大事な安全性。地震など災害が発生した際に家族を守れなければ、住まいの役割を果たせません。安心して暮らすことのできるR+house長岡インターの耐震性能をご紹介します。
R+house長岡インター店の家づくり写真

建築家によるデザイン

誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプトです。その“理想をカタチにする”ために欠かせないのが、建築家の存在。
一生に一度の大切な家づくり。建築家と建てる住まいは、あなたの暮らしをきっと豊かにします。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

YouTube
Youtubeで公開している動画をご紹介します。

R+house長岡インター店の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

R+house長岡インター店の家づくり写真

お問合せ
注文住宅に関するご相談を承ります。

R+house長岡インター店
住所
新潟県長岡市稲保南1丁目328-5
営業時間
10:00~17:00
休業日
水曜