脱ジメジメのイライラ!梅雨対策の基本のキ!




web034_001

 

こんにちは、アールプラスハウス長岡のアールです(^o^)

今年もこの時期がやってきました。ジメジメして、暑くて、なんだかいろいろ鬱陶しくなる、梅雨の季節。

 

風呂場のカビ、うっかり放置しておいたら腐っていたお弁当、洗濯したのに臭いシャツ、とにかく不快な思いをすることの多い時期です。そこで今回は、梅雨対策の基本についてのコラムをお送りしようと思います。

 

web034_002

 

梅雨といえばカビです。気にしたくなくても、大いに気になります。仕事から帰ってドアを開けたら変な臭いがするとか、リラックスタイムであるはずの風呂に入ったら、浴室のカビが目についてうんざりとか。カビは臭いが気になるのはもちろん、空気中に飛散して、健康にも影響を与えるので、この時期はとにかく対策が必要です。

 

そもそもカビは、ジメジメと湿気が高く、あまり日の当たらない場所を好んで発生、増殖する生物です。特に浴室やキッチンなどの水回り、押し入れ、靴棚、クローゼットなど空気のこもりやすい収納が大好きです。湿度が70%以上あるところには、劇的にカビが生えやすくなるといいます。

 

そんなカビをなくすために大事なポイントは、「湿気(水分)」と「風通し」の2つ。カビを防ぐには湿度を60%以下に保つこと。そして、部屋のなかに水分を残さず、風通しをよくすることが基本となるのです。

 

対策として一番よいのは、ひんぱんに窓を開けて部屋を自然乾燥させること。風通しをよくすることで清潔な空気を常に保ち、部屋の湿気も飛ばしてください。でもなかなかそれができないんですよね。だって雨が降ってるから。梅雨だから。そんなときは除湿機やエアコンの除湿機能に頼りましょう。

 

除湿についての意識を高めるために効果的なのは、家中のいたるところに温湿度計を設置してみること。実際の数値を見れば、「よーし、60以下に落とすぜ!」とゲーム感覚、あるいはダイエット感覚で除湿に取り組めたりするかも(笑)

 

それから、掃除も大事です。カビのエサは、人が普通に食べてるものから、その人間の皮脂や、部屋の隅のホコリ、家の建材そのものまで多岐にわたります。まあ、ありとあらゆるものをエサにして、カビはどんどん増えていくのです。だから掃除、してください。掃除機、かけてください。ただし、窓を閉め切った状態での掃除はカビ菌を空中に拡散させてしまうだけに終わる場合もあるので、掃除はちゃんと窓を開けてやってくださいね。

 

窓を開けて換気をして、掃除して。とにかくそれを徹底するのが、カビ対策の基本なのです。

 

web034_003

 

外が雨なんだから、洗濯は家のなかに干すしかない。それが梅雨の大いなる悩み。特に共働きで日中誰も家にいない家庭などは、天気が悪くなったら洗濯物を部屋に取り込む人がいないので、「今日降るかな?」「降水確率50%だって」「え~微妙」「外に干す?」「でも降ったらやじゃん」「じゃ部屋ん中でいっか」という感じで、部屋干しがデフォルト設定になっていたりしますよね。

 

でもそうすると、部屋はムワっとするし、嫌な臭いがするし、とっても不快です。ちなみに部屋干しの洗濯物の臭いは、モラクセラ菌という微生物が原因と考えられているのだそうです。こいつが湿った洗濯物で増殖し、臭いを発生させるのだとか。いやあ、私が今朝、部屋干しのハンガーから引き抜いて腕を通したこのシャツに、目に見えぬ得体の知れない菌が増殖しているのかと思うと、実に気持ちが悪いです。

 

一番悪いのは、洗濯機の中にどかどかためこんだ大量の洗濯物を、風呂の残り湯で洗い、脱水後うっかり忘れてしばらくしてから取り出して、部屋の隅にかためてまとめて干すみたいな一連のありがちな流れ。隣り合ったタオル同士がぴったりくっつき合っているなんてのは、干し方としては最悪中の最悪です。

 

部屋干しの洗濯を少しでもうまく乾かすにはどうすればいいか、そのポイントもまた、「風通し」です。風通しを意識することで、湿った洗濯物を乾燥した空気にできるだけ触れさせて、素早く乾かしてやること。

 

ちゃんと洗濯物同士の間隔をあけて風通しをよくしましょう。干す場所も、できるだけ風の通る場所に。「んなこと言ってっけど、閉めきった部屋ん中なんだっけ、風通しもなにもねえろ!」という方は、扇風機、使ってください。風を送り込んで、無理矢理にでも風通しをよくしましょう。

 

針金ハンガーを使っている方は、ちょっとグイッと曲げてTシャツなどの内側に空気が入るように立体的に干すのも効果的です。とにかく、しっかり風を通すこと。これにつきます。

 

あと、洗濯は一度に大量にしないように。そして、洗濯する前はカゴにや洗濯槽に押し込んだりしないで、できるだけ乾燥した状態を保つように。手間をかけられる方は、洗濯前の大物はできるだけ干しておく、というのも効果的ですよ。忙しい単身の方にありがちな、「脱いだら洗濯機にポイ」→「風呂から上がって身体を拭いたバスタオルもどんどんその上にポイ」→「押し込んでも洗濯槽に入りきらなくなったら洗う」という行為は、激烈にまずい、というか、その時点でもういろんな雑菌がわさわさ繁殖してます。

 

また、省エネ省エネ、ってんで、風呂の残り湯を洗濯に使っている方も多いと思いますが、できればやめたほうが無難です。身体の皮脂やいろんな汚れが混ざった古い水で洗濯をするのは、汚れを洗濯物にわざわざ付着させているようなもの。どうしても残り湯を使いたい方は、「洗い」まで。「すすぎ」はきれいな水道水にした方がベターです。

 

web034_004

 

この時期、「梅雨は曇ってるし、そんなに日差しもないし」と紫外線対策をおろそかにしがち。でも、紫外線は今からもう多くなってきています。梅雨の合間の日差しなどもけっこう強烈です。

 

日焼け止めのクリームやUVケアグッズを本格的な夏になる前のこの梅雨時期から習慣的に使ってください。そうじゃないと、「あんなに毎年夏は紫外線対策してたのに、こんなシミが!」と数年後、あるいは十数年後に嘆き悲しむことになるでしょう。

 

web034_005

 

そんなわけで、「梅雨は最悪だよねー」という内容の原稿をここまで書き連ねてきましたが、切り替えて、「もういっそ梅雨を楽しんでしまえ」というポジティブな考え方をすることこそ、実は最も効果的かつ効率的な梅雨対策かもしれません。

 

この季節を利用して、いろんなカビ対策や雑菌対策を学びお掃除上手になるとか、整理整頓を頑張ってみるとか。「梅雨だけど、ウチだけキレイ、すっごい清潔」という状態は、けっこう自尊心を満たしてくれるものです。主婦に限らず。

 

そして、雨の日こそ、外でアクティブになるのもいいのではないでしょうか。例えばランニング。どうせ、汗をかくのです。どうせ、暑いのです。帰宅してすぐにシャワーを浴びるのであれば、いっそ、冷たい雨のシャワーを浴びながら、走ってみてはどうでしょうか。私もこれまで何度もやっていますが、これ、かなり解放感ありますよ(笑)激しい雨を浴びながら走ってふと立ち止まり空を見上げると、「ショーシャンクの空に」っぽくて自己満足、みたいな。

 

あとは、雨の日を楽しめるように、レイングッズを買ってみるとか。ちょっと高価でオシャレな長靴、レインコート、傘。どんなに気に入りのアイテムも、雨が降らなきゃ出番ありませんから、雨が降ってもらわなくちゃ困る。「雨が降らなきゃ降らないでいい。でも、雨が降ったら降ったでいい」このWIN-WINの関係(この言葉、使い方間違ってますか?笑)に持ち込むのがベスト。

 

 

以上、今回は梅雨対策のお話をお送りしました。カビも洗濯も、基本は「風を通して清潔に保つこと」です。こういう時期だからこそ、徹底的に、住まいの清潔感にこだわってみてはいかがでしょうか。ちなみに私は今年、空気清浄機を買いました。