子どもに聞かれても大丈夫。ハロウィンって何だ!?




web073_001

こんにちは、アールプラスハウス長岡のアールです(^o^)

 

秋も深まり、10月31日のハロウィンが近づいてきました。ここ数年、日本でもなぜかやたらとハロウィンが盛り上がるようになってきましたよね。昨年も、渋谷の交差点が仮装した若者たちですごいことになってるニュースとか流れていました。

 

以前は、ハロウィンという行事をなんとなくは知っていたけど、遠い海の向こうの話というか、まあせめてアメリカに留学した学生がなんか盛り上がってる楽しそうな写真を見せてくれる行事、みたいな感覚で受け止めていましたが、最近はコンビニに行けばカボチャのオバケ、ショッピングセンターに行ってもカボチャのオバケ、TSUTAYAに行ってもカボチャのオバケと、日本中どこもかしこもハロウィンに便乗している感じがします。

 

でも、「ママー、なんでカボチャのオバケがいるの?」と子どもに聞かれて、「それはね、坊や、お聞きなさい」と説明できるお母さんお父さんがどのくらいいるでしょうか。

 

というわけで今回は、ファミリー世帯の皆様のために、そしてファミリー世帯じゃないけどハロウィンが気になっている皆様のために、「ハロウィンって何だ!?」という素朴な疑問にお答えする、ハロウィン豆知識をお届けしようと思います。

 

web073_002

(1)そもそも、ハロウィンってなんですか?

 

HELLOWEENと綴りたくなるハロウィンですが、正確には「HALLOWEEN」。ちなみに「HELLOWEEN」はドイツの有名なメタルバンドですね(こちら正しくはヘロウィンと発音するそうです)。

web073_003

 

「HALLOW(ハロウ)」には、聖人、聖職者という意味があって、ハロウィンの正式名称とされている「All Hallows’Even」には、「諸聖人の前夜祭」という意味が込められています。

 

カトリック教会には、諸聖人の日(All Saint’s Day)という、すべての聖人と殉教者を記念する日があります。これが11月1日。日本では「万聖節(ばんせいせつ)」とも呼ばれています。All Saint’s Dayをそのまま日本語に置き換えたような名前ですね。

 

で、その諸聖人の日(万聖節)の前夜祭として、この「ハロウ・イブ」=「ハロウィン」が誕生しました。前夜祭なので、11月1日の前の日、つまり10月31日というわけです。なんだか、クリスマスとクリスマスイブの関係みたいですね。

 

ざっくり言っちゃえば、カトリックの宗教的な儀式の前夜祭、ということです。

 

web073_004

(2)なんでわざわざ仮装するんだい?

 

この宗教的な儀式は、実は元々はキリスト教の儀式ではなく、ずーっと昔、2000年以上前の古代ケルト民族の儀式のひとつだったといわれています。その古代ケルトの暦では、一年のはじまりは11月1日、一年の終わりは10月31日でした。

web073_005

そしてその10月31日には、ご先祖様の魂が家を訪ねてくると考えられていました。そこで、10月31日に古代ケルト民族は「死者の祭」を行っていました。なんだか日本でいうところの「お盆」っぽいですね。

 

ですが、その夜はご先祖様はもちろんのこと、それと一緒に悪霊などもやってくると恐れられていました。そこで古代ケルトの人々は、悪霊を追い払うために仮面をかぶって、たきぎをして、悪霊に対峙するという習慣をつくったのです。そこから、ハロウィン=仮装の習慣が誕生したといわれています。悪霊に、仲間だと思い込ませるためだとか、悪霊の目をくらませて自分に乗り移らないようにするためだとか、このへんは諸説あるようです。

 

web073_006

(3)あのカボチャのオバケはいったいなに?

 

さて、そこで気になるのがカボチャのオバケですが、あのオバケ、名前を「ジャックオーランタン」というのはご存じですか?

 

ランタン、というくらいなので、つまりあれは提灯です。カボチャをくり抜いて内側にロウソクを立てた、ハロウィンのランタン。勘の鋭い方はもうわかったかと思いますが、つまりあれは「魔除けの火」というわけ。

web073_007

ちなみに、「ジャック」というのは、悪霊を追い払ったジャックの火という逸話があり、悪霊を追い払う象徴として、「ジャックオーランタン」という名前がつけられたといわれています。

 

豆知識としては、カボチャを使っているのは、アメリカ人が安くていっぱい手に入るカボチャを使いはじめたからで、元々、古代ケルトの人たちはかぶを使っていたそうです。

 

web073_008

(4)じゃあ、トリック・オア・トリートはなんなのよ?

 

仮装した子どもたちが街を練り歩き、「Trick or Treat!」と言って近所の家からお菓子をもらうという、ハロウィンの恒例の習慣。これは、お祭りのための食料をもらってあるいた昔の農民たちの姿をまねたものだというのが通説です。

web073_009

「Trick or Treat!」は、「お菓子くれないとイタズラするぞ!」という意味。お菓子をもらい歩くというより、ほとんど強請(ゆすり)ですね。まあ、かわいいものですが。

 

ちなみに「Trick or Treat!」と玄関先で脅されたら、「Happy Halloween!」と朗らかに返して子どもたちにお菓子を配ってあげるのが、大人としてはスマートです。ハロウィンっぽいお菓子としては、キャンディーコーンやリンゴ飴が有名。子どもに食べさせたら、寝る前にちゃんと歯を磨かせましょうね。

 

 

という感じで、ハロウィンの基礎知識をお届けしました。日本では宗教的な意味合いなどほぼ皆無、クリスマスと同様に、季節のイベントとして受け入れられていますので、まあ、こんな知識がなくとも楽しめることは楽しめますが、もしも近所の子どもに聞かれたら、しれっと上記の4ポイントをわかりやすく解説してあげると、その子どものママから「まあ、このひと博識だわ素敵だわキュンときちゃうわ、いけない、私ったら夫も子どももいる身なのに…」と、一目置かれるのではないでしょうか(笑)

 

以上、今回は「子どもに聞かれても大丈夫。ハロウィンって何だ!?」をお届けしました! ハッピーハロウィーン!