そろそろ夏休みの準備!夏の新潟イベント情報




web037_001

こんにちは、アールプラスハウス長岡のアールです(^o^)

 

もうすぐ7月、夏本番。夏休みを楽しみにしているお子さんのいるご家庭も多いのではないでしょうか。夏休みといえば、おでかけです。でも夏休みは日本中のファミリーが同じタイミングでレジャーに出かけるわけで、大混雑、大渋滞は必至。早めの計画、早めの宿泊予約、チケット予約が肝要ですよね。

 

今回は、家づくりから離れて、夏休みの計画をそろそろ立てねば、と考えている皆さんに、「新潟の夏といえばこれだよねー」という、夏のイベント情報2016版をざっくりとお届けします。

 

 

(1)夏といえば、花火。

 

【 8月2日・3日 長岡花火 】今年は平日!

web037_002

長岡の夏といえば、長岡花火です。昭和20年の大空襲で失われた尊い命への慰霊として、また長岡の再興に尽力した人々への感謝を込めて、毎年打ち上げられる大切な長岡花火。今年も8月1日に前夜祭、2日・3日に大花火大会が行われます。

 

今年の注目は「米百俵花火・尺玉100連発」。もちろん「復興祈願花火フェニックス」も打ち上がりますよ。ちなみに、2日・3日は火曜・水曜。昨年は週末がかぶっていましたが、今年は平日です。昨年より席は取りやすいかもしれませんね。

 

有料観覧席のチケットは、長岡花火公式ウェブサイトでチェックしてください!

http://nagaokamatsuri.com/

 

 

【 9月9日・10日 片貝花火 】世界最大の四尺玉!

web037_003

大きさでいえば世界最大規模。そんな花火を楽しめる、片貝まつりの花火(片貝まつり浅原神社 秋季例大祭奉納大煙火)は、9月の9日・10日の週末に開催されます。

 

片貝まつりの花火は、奉納煙火。個人や企業が、浅原神社にいろいろな想いを込めて奉納する花火です。片貝中学校を卒業した同級生がスターマインを挙げるなど、とても地元色の強いお祭りですので、地元の皆さんが困らないように、鑑賞マナーはしっかり守りましょうね。

 

交通情報や桟敷席の案内などは片貝まつりのウェブサイトをご覧ください!

http://katakaimachi-enkakyokai.info/index.html

 

 

【 7月26日 柏崎海の大花火大会 】海の柏崎!

web037_004

川の花火は長岡、山の花火は片貝、そして海の花火は柏崎。というわけで海中空スターマインなど海で楽しめる花火が魅力の「ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会」、こちらは7月26日、火曜日に開催されます。

 

長い海岸線を利用した迫力ある花火。海面に映る光の演出も素敵です。有料観覧席などの情報は、柏崎市のウェブサイトから。販売状況も確認できます。

http://www.city.kashiwazaki.lg.jp/kanko/event/6/index.html

 

 

(2)夏の新潟はフェス!

 

【 7月22日~24日 FUJI ROCK FESTIVAL ’16 】

web037_005

なにげに、新潟は夏フェスが熱いところ。その代表格はやっぱり、苗場スキー場(湯沢)で開催される「フジロックフェスティバル」です。毎年10万人以上が訪れるとあって、出演アーティストは毎年豪華。今年もベックやレッチリが新潟にやってきます。

 

大自然の中で好きな音楽を好きなスタイルで楽しむ贅沢。ロックやポップミュージックが好きな人にとっては、まさに天国です。でも相手は大自然ですので、雨が降ったり急に気温が下がったりもしますから、アウトドアの格好と準備は怠らずに。日焼け止めも必須。間違ってもヒールで参戦とかしないように!余談ですが、ジップロックはけっこうなにかと使えます。

 

出演アーティストのラインナップやチケットについては公式ウェブサイトをチェックしてください!

http://www.fujirockfestival.com/

 

 

【 8月27日 音楽と髭達 2016 】

web037_006

フジロックが山の中のフェスなら、こちらは街で開催される新潟のフェスのなかで最も大きな規模です。「音楽と髭達 2016」。会場は新潟市のHARD OFF ECOスタジアム新潟。8月27日、夏休みの終わりの最後の思い出づくりのようなイベントですね。

 

今年はMISIA、HY、きゃりーぱみゅぱみゅ、エレファントカシマシなどが出演。詳しいラインナップやチケットについては、こちらも公式ウェブサイトへ!

http://higetachi2016.com/index.html

 

 

【 8月6日 日本海夕日コンサート 】

web037_007

もっとローカルな雰囲気のフェスならば、新潟市の青山海岸で行われる「日本海夕日コンサート」はいかがでしょうか。1986年(当時は関屋浜)から続く、歴史ある、そして新潟市民にとってはけっこうなじみ深い夏の風物詩的イベント。

 

今年は、PUFFY、織田哲郎、そして新潟から全国区へと成長したNegiccoが出演予定です。海でPUFFYなんて、聴きたい曲がいっぱいありますね~。詳細はこちらの公式ウェブサイトへ!

http://yuuhi.net/

 

 

(3)子どもを連れて行くなら!

 

【 7月16日~8月14日 ジュラシック大恐竜展 in ときメッセ 】

web037_008

「どっか連れてってー!」と子どもに懇願されたときにちょうどいいイベント、今年は新潟市の朱鷺メッセで「ジュラシック大恐竜展」が開催されます。

 

全長13mもの大きなティラノサウルスがアメリカからやってくるそうです(※もちろん生きてはいませんよ)。さらに、恐竜たちが動いて、吠えて、暴れ回るそうです(※もちろん生きてはいませんよ)。「こいつらちょっとビビらせてやるかな」と思ったお父さん、ぜひ子どもを連れて行ってみてはどうでしょうか。

 

詳細はこちらです。

http://www.ohbsn.com/event/2016/05/014139.php

 

 

 

(4)すぐに参加したい!直近イベント情報

 

web037_009

 

「あー夏休みが待ち遠しい!イベントにすぐに参加したい!」という方、6月30日~7月2日まで、新潟市中央区で恒例の蒲原まつりが開催されますよ。ぽっぽ焼きをはじめ、いろんな出店がずらりと並び、とっても賑やか。新潟駅から歩いて行ける場所ですので、「一足早く夏のお祭り気分に浸りたい!」という方、ぜひふらっと足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

そんなこんなで、今年はどんなかな?とおさえておきたい新潟の有名イベント、この夏のインフォをご紹介しました。「新潟まつり」や「村上大祭」など、その町ごとの恒例行事も、もちろん開催されます。今年の夏の思い出づくり、みなさんはどんなイベントに参加しますかー?

 

※詳細情報・イベントの開催/中止・チケット情報などについては各ホームページまたは主催者にご確認ください。