いつか行きたい、年末年始の海外リゾート!




 

web089_001

こんにちは、アールプラスハウス長岡のアールです(^o^)

 

今日はクリスマスイブ。今年も残すところあと一週間ですね。年末年始は皆さんどのように過ごされますか? 実家に帰省、自宅でのんびり、温泉や旅先で年越し、などなど、いろいろな過ごし方がありますが、私が個人的に憧れているのが海外リゾートでの年越し。

 

寒~い新潟の冬から抜け出して、常夏の島で思い切りバカンス。「あけましておめでとう!」とTシャツ短パン姿で挨拶する、元旦の朝から海に飛び込む、仕事から完全に解放されて家族水入らずで過ごす、そんな新鮮な年越し、いつかしてみたいと夢見ています。

 

というわけで今回は、年末年始にあわせて、有名な海外ビーチリゾート地についてのご紹介なんぞをしてみようと思います。

 

web089_002

(1)芸能人の年越しといえば、ハワイ。

 

昔から、海外での年越しといえばハワイが有名でした。ホノルル空港に到着した芸能人の姿を茶の間のテレビで眺めながら、「へー、芸能人ってすげえなあ」と茶をすすりミカンをむいていた十年前、いや、二十年前。いまでも、やはり年越しリゾートといえばハワイが人気のようです。

 

もともと日本と馴染みが深く、日本の文化に対しても理解のあるハワイ。大晦日はいたるホテルでカウントダウンパーティーがあり、花火も上がり、爆竹が鳴り…というのは海外らしいところですが、テレビで紅白歌合戦が見れたり、さらに元旦はハワイ各地の神社で初詣もできるとか。日系スーパーではおせちも手に入るし、海外なのに正月気分も味わえちゃうそうです。

 

ついでに、ハワイ最大のショッピングセンター「アラモアナセンター」で初売りや福袋も楽しめるらしい。なるほど、海外の解放感と南国のあたたかさに、日本の正月の風情も加えて、という、贅沢な年越しができるというわけですね。

 

web089_003

(2)もっと近くで、もっと気軽に遊びたいなら…

 

ハワイは飛行機で約7時間(成田から)。でも限りある年末年始の冬休み、できればもっと近いリゾートで年越ししたいと思う方も多いでしょう。特にお子さんがまだ小さなご家族は、できるだけ機内で過ごす時間を減らしたいものです。

 

身近なビーチリゾートといえば、グアム・サイパンでしょうか。フライト時間はたったの3時間半。しかも時差が1時間しかないので、身体への負担も最小限で済みます。それでいてお正月を青空の下、海やプールで過ごせちゃうのですから、なんとお手軽な南国リゾートなのでしょう。ちょっと海外は経験があまりなくて不安…という方にも、日本人観光客の多いグアムは安心です。

 

近さであれば、アジアのビーチリゾート。プーケット、セブ島、サムイ島などが有名ですが、他にもフィリピン、タイ、カンボジア、マレー半島などのいたるところにリゾート地があります。ビーチで開催されるカウントダウンパーティーに参加したり、のんびりと常夏を満喫したり。ホテル選びさえ間違えなければ、とても快適で贅沢な年越しができるのではないでしょうか。

 

web089_004

(3)日本から遠く離れて、のんびりと優雅な年越し!

 

比較的多めに休みをとれる、お金もまあ出せる、とにかくのんびりと美しい海でも眺めながら羽を伸ばしたい、ということなら、南太平洋に浮かぶ楽園タヒチや、インド洋の極上リゾート、モルディブはいかがでしょうか。

 

ポール・ゴーギャンなどで有名なタヒチですが、なかでもボラボラ島は世界中の人々が憧れる超有名リゾート。エメラルドグリーンの海に、水上コテージから望む初日の出なんて、いやあ贅沢だ。

 

一方のモルディブは、1島1リゾートという、珍しいというかなんというか、さらに贅沢なスタイル。インド洋に浮かぶ小さな島々から構成されていて、その数は1000以上もあるとか。島にあるのは、リゾートのみ。そしてそこにいるのは、リゾートを楽しみに来た人間と、それを迎える人間のみ。このプライベート感、すごいですよね。

 

web089_005

(4)海外リゾート地は世界中にたくさん!

 

他にも、アジアならバリ島、中東ならドバイ、カリブならカンクンなど、リゾート地は世界各地にあります。オーストラリアも忘れちゃいけませんね。ヨーロッパなら、モナコやニース、カンヌといったフランスの各都市をはじめ、地中海沿岸にもリゾートは多数点在しています。

 

まあ、ヨーロッパはあれですが、南国の(赤道近辺の)ビーチリゾートは、日本がどんなに寒い冬でも、ゆったりと暖かく過ごせるのでいつも人気です。台北や香港もこの時期はとても快適な気候で過ごせるらしいですよ。

 

例年、12月29日あたりが出国のピークで、1月4日に帰国ラッシュ。ちなみに、日本人に人気のリゾート地は、だいぶ混雑気味の様子。「日本のしがらみから思いっきり解放されたいんじゃーー!」というタイプの方は、旅行先選びに気をつけた方がいいかもしれません。私はタヒチかモルディブに行きたいです、はい。

 

以上、今回は「いつか行きたい、年末年始の海外リゾート!」をお届けしました!来年は海外で年越ししようかな…と思った方、リサーチや予約は早めに!