読書の秋、全5巻以内で読めるおすすめのマンガ!




web079_001

こんにちは、アールプラスハウス長岡のアールです(^o^)

 

先日「読書の秋」にかこつけて、おすすめ短編小説の紹介をしましたが、調子に乗って今度はマンガ編をお送りしたいと思います。

 

え、「家づくりとまったく関係ないじゃないか」って? いやいや、何事も休息が大切、ということで。それに新築の我が家で、庭の紅葉や落葉を眺めながら、午後のコーヒーブレイクにマンガ、なんてのも乙でございますよ。

 

とはいえ、こういうときに「こち亀」とか「三国志」とか、読み切るのに1ヶ月以上かかります、みたいな長~いマンガを紹介するのは野暮というもの。それに「ONE PIECE」とか「宇宙兄弟」とか、まだ連載中のマンガも、続きが気になってしまうので対象外。サクッと全5巻以内で(なんなら一晩で)読み切れちゃう、ちゃんと完結している、そんなマンガをご紹介いたします。もちろん、今回も独断と偏見で!

 

web079_002

(1)2015年のマンガ大賞受賞!東村アキコ「かくかくしかじか」

 

まずは昨年のマンガ大賞受賞作、全5巻完結の『かくかくしかじか』をおすすめします。「東京タラレバ娘」などで人気の漫画家・東村アキコの自伝エッセイ的な作品で、著者ご本人いわく女版「まんが道」。

 

宮崎県の田舎で育ち、少女漫画家を目指す女の子が、高校時代に恩師と出会い、厳しくしごかれまくり、そして美大に合格し漫画家になって成長していくまでを描く物語です。

 

笑えて楽しくて、そしてグッと胸をつかまれる、成長物語としては直球の作品。美大受験や、美大での学生生活、漫画家としてデビューするまでなど、その裏側、当事者側が丹念に描かれているので、それを読むだけでも面白いのですが、恩師との二人三脚での成長には、ほろりと涙。胸がじーん。最終回は作者も泣きながら仕上げたのだとか。

 

なんかいいマンガないかなー、最近ちょっと感動がないなー、という方におすすめしたい作品です。ついでに言えば、子育て中の方、妊娠中の方には、あわせて東村アキコの『ママはテンパリスト』(全4巻)、こちらも激烈にオススメです。

 

web079_003

(2)00年代の青春ってこんな感じだったっけ。浅野いにお「ソラニン」

 

続いてご紹介するのは、全2巻で完結する、浅野いにおの『ソラニン』。単行本は50万部以上を売り上げ、宮崎あおい主演で映画化もされ、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが同名の主題歌まで歌った、名作です。

 

なんだかこう、会社とか大人の世界とか、そういうものに馴染めずに、でもやっぱどうしていいかわからない、そんな社会人2年目の女の子が主人公。バンドをやっている恋人との同棲生活と、そのまわりの人たちとの人間模様を描いた青春もの。

 

80年代に生まれて、00年代に東京で青春を過ごすって、ああ、こんな感覚もってたなあ、そうそう、社会との距離ってこんな感じだったよね…。そんなふうに、いろいろなことを感じながら読み進めていくうちに、私、完全に夢中になって一気に読み切ってしまった作品です。もしまだ読んでいない友人がいたら、とにかく間違いないから、黙って読め!とオススメしたい作品でございます。

 

web079_004

(3)倦怠気味の未婚カップルの日常世界。日暮キノコ「喰う寝るふたり 住むふたり」

 

長く付き合ってる彼氏はいるけど、結婚はしてない。もうすぐ30歳だけど、結婚はしてない。いつ結婚してもおかしくないけど、やっぱり結婚はしていない。

 

次にオススメするのは、交際10年、三十路直前、そしてずっと同棲生活中のカップルの日常を描いた、日暮キノコ『喰う寝るふたり 住むふたり』全5巻。

 

お互いよーくわかっているけど、なんだかすれ違うこともあって、相手を信じているけど、信じるって何だ?的な気分になっちゃうこともあって。浮気を疑ったり、些細なことで喧嘩になったり、仲直りしたり。そんな未婚カップルの小さな日常の出来事を、男女両面から交互に描く作品です。

 

まあ、この家づくりブログの読者の皆さんは、ハウジングに興味があるくらいですからおそらくすでにほとんど既婚。「あー、わかるわー」というより、「あー、その気持ち懐かしいわー」と思いながら読み進められるのではないでしょうか。そして、夫婦関係に疎ましさや煩わしさを感じ始めているのなら、「あー、そうだよね、こんな気持ちに戻りたい、戻れるかも」と、ちょっとした気分転換にも最適な作品だと思います。

 

web079_005

(4)40歳、人生やり直し。青野春秋「俺はまだ本気出してないだけ」

 

さて女性もの、カップルものときたので、今度は、男視点のマンガを。といっても、アクションとかスポーツとかメカとかではなく、40歳の中年男。その一念発起の物語。全5巻で完結する、青野春秋『俺はまだ本気出してないだけ』。

 

ゆるーい感じの絵柄と、見るからにダメダメな中年男というこのマンガ全体のルックスから、ナメた感じで手にとって、ところが不覚にも涙…という、作品です。

 

40歳で会社を辞めて漫画家を夢見る中年男が主人公。ファーストフードでバイトしたり、プチ家出したり、うんちをもらしちゃったり…まあとにかくうだつのあがらない感が満載な男なのですが、なんかこう、家族とか、生きがいとか、そういうものがずんと心に響く物語。

 

ちなみに堤真一主演で映画化されました。人生思ったようにはいってないけど、まあ、まだ俺本気出してないだけだから、と実はリアルに思っている男性諸氏に、ぜひ手にとっていただきたい作品です。

 

web079_006

(5)最後は昭和の名作。藤子不二雄A「少年時代」

 

今回最後にご紹介したいのは、“現代のマンガ”とはひと味違う、昭和の作品。私個人にとっても、これは思い入れのある名作中の名作です。藤子不二雄Aの『少年時代』。愛蔵版だと1冊ですが、中公文庫で全3巻で出ています。

 

78~79年に発表され、90年に山田太一脚本、篠田正浩監督で映画化され、同名の主題歌を井上陽水が歌った作品。舞台は太平洋戦争末期の富山。東京から疎開してきた少年が主人公で、終戦までの疎開先での人間模様と友情を描いています。

 

柏原兵三の小説「長い道」を藤子不二雄Aが漫画化したもので、オシャレ感もステキ感もファッション性も皆無(笑)、かなり地味なマンガです。なんというか、人気のあるマンガの要素がことごとくなく、エンターテイメント性もありません。実際、藤子不二雄Aも「人気が出なくても途中で打ち切りにしないで。そのかわりちゃんと一年で終わるから」と編集部に申し入れて連載を始めたのだとか。そして本当に人気もなく、ひっそりと一年で終わったそうな。ところが、連載が終了した途端、「感動した!」「泣いた!」という手紙が堰を切ったようにドサドサ届いたのだそうです。

 

私は小学生のとき、戦時中の疎開生活というものをこの作品を読んで知りました。どんな時代でも、人はいまと同じように身の回りの人々と接し、ものを食べ、何かを思い、何かに悩み、時代に振り回されながら生きるのだなと感じました。

 

井上陽水のメロディだけは知ってるけど、という方も多いかと思います。もしよかったら、ぜひ手にとって読んでみてください。そしてラストで、ピアノではじまるあのイントロを脳内に流してみてください。

 

 

というわけで、以上、今回は、「読書の秋、全5巻以内で読めるおすすめのマンガ!」をお届けしました。最近ではレンタルDVD屋さんでレンタルコミックをしていたりしますし、古本屋さんならセットで安く売ってたりもします。マンガなんて滅多に読まないという人も、たまにはマンガの世界を楽しんでみてください!