自然エネルギーを利用するパッシブデザイン




web044_001

 

こんにちは、アールプラスハウス長岡のアールです(^o^)

 

家づくりに興味を持っていろいろと雑誌や本やネットや口コミが気になってい皆さん、「パッシブデザイン」という言葉を聞いたことありませんか? 「受動的なデザイン? なんだそれ?」と首をかしげつつ、特に調べることもなくスルーした、という方も多いのではないでしょうか。今日はそのパッシブデザインについてのお話。

 

web044_008

 

「パッシブデザイン」というのは、エアコンなどに代表される「機械」を使わずに、建築的な工夫をこらすことで「自然エネルギー」を使用し快適な住まいづくりをしよう、という設計手法のことです。

 

ここでいう「自然エネルギー」というのは、例えば、太陽の光や熱。例えば、自然の風。例えば、樹木などの陰。そういった、わざわざ機械に頼らなくても太古の昔からこの世界にあって、人の暮らしを支えてきてくれた自然の中の、ネイチャーの中の、エネルギーのことです。

 

夏、涼しくするためにエアコンを使わなくても、窓からの風や日光を遮ることで部屋を快適にしたり、冬、太陽光をたっぷり取り入れて部屋があたたかくなるようにする。それがパッシブデザインの考え方です。パッシブ、ということは、つまり、自然エネルギーを「受動的に取り入れる」デザイン、ということなんですね。

 

それでは、自然エネルギーを活用する工夫が具体的にどんなものが見ていきましょう。

 

web044_002

 

 

私たちの住む世界で、最も強いエネルギーと熱をもっているのが、そう、太陽。太陽熱を上手に取り入れ、建材などに蓄熱するなどして室内環境に生かし、暖房に必要なエネルギーを減らします。

 

例えば、南向きの窓の位置や高さ、大きさを工夫し、長時間太陽の光を部屋に取り入れられるようにします。そして、蓄熱性の高い素材を使った床や壁などでその熱をしっかりと蓄えます。蓄えた熱は夜間に放出することで、昼も夜も部屋の温度の低下を抑え、省エネを実現します。

 

web044_003

 

 

蛍光灯などのあかりをつけなくても、昼は太陽光だけで部屋をじゅうぶん明るくできるように窓の大きさや位置を工夫します。ただ、夏の直射日光はとても眩しいので、ブラインドやカーテンなどで調整します。

 

web044_004

 

これは機械を使うため、正確にはパッシブデザインではなく、アクティブ型と呼ばれる自然エネルギーの利用方法ですが、太陽熱で給湯したり、太陽光で発電をすることで無駄なエネルギーの消費を抑制できます。

 

web044_005

 

夏の夜間や春や秋など、外の空気や風を家のなかに取り込むことで、例えば冷房エネルギーを抑えます。風の入りやすい開口部をつくったり、風が入って抜けやすい、自然の風の立体的な流れを演出することのできる間取りや窓の設計をします。

 

web044_006

 

木の特性を生かし、植栽などに工夫をこらします。例えば南側のリビングのすぐそばに落葉樹を植えると、夏は生い茂った葉が日差しを遮って涼しい日陰をつくり、冬は落葉して日差しを遮らず太陽光を取り入れます。また、北側に常緑樹を植えれば、夏は同じように日差しを遮り、冬は今度は木の葉が北風を遮ってくれます。

 

木の葉には蒸散作用があり、周囲の空気を冷やす役割があるので、夏は特に有効に活用できます。他にも、つる性の植物を植えれば、グリーンカーテンとなって強烈な日差しが部屋に入るのを和らげてくれます。

 

web044_007

 

こんなふうに、自然エネルギーを活用することを前提にして設計することを「パッシブデザイン」というわけです。ただ、そのためには、家を建てる敷地の自然環境をしっかりと把握することが必要です。立地条件や地域によって、風向きや風の強さ、日照量は変わってきます。

 

 

「暑いならエアコンの設定温度を下げて部屋を冷やせばいい」

「寒ければストーブをどんどんたけばいい」

「性能のいい冷暖房器具をどんどん買い足そう」

そういう時代から、今はもう先へと進んでいます。無駄な消費はしない、無駄なエネルギーは使わない。本質的に快適な家を建てる。機械的・設備的な工夫で暮らしを快適にするのではなく、電気やガスなどをできるだけ使わずに、建築的な知恵とアイディアで暮らしを快適にしていくこと。それが、パッシブデザインの方向性です。

 

「何もしてないけど、なんかいつも快適なんだよね」そんなふうに言える家って、いいですよね。これから家づくりをはじめようと考えている皆さん、ぜひ、パッシブデザイン的な考え方の家づくりも参考にしてくださいね!

 

以上、今回は家づくりにおけるパッシブデザインについてご紹介しました!