家づくりのお金の話【ローン編】




こんにちは、アールプラスハウス長岡のアールです(^o^)

 

家づくりの前に避けては通れないお金の話、以前は【総予算編】ということで、「家の値段=家づくりの値段ではない!」ということをお話しさせてもらいましたが、今回はその続き、【ローン編】をお送りします。

web009_001

「あら、何をおっしゃってるの? 家なんて現金で一括払いですのよ、オホホホホ」というお大尽は、今の世の中にはほぼ皆無。数千万円の出費ですから、当然、ローンを組んで借金をするのが当たり前となっています。

 

日頃、コンビニやスーパーの数円の値引きで「お、得したぜ!」と喜んでしまう私たち小市民にとって、数千万円の借り入れ、というのはちょっと見当がつかないというか、実感がまったくわいてこないものですよね。しかしだからといって、ついつい金融機関などの「貴方なら大丈夫ですよ~」という営業トークを鵜呑みにして言われるままローンを組んでしまうと、後々、後悔することになりかねませんからご注意を。ローンは自分で選んで、自分で考えて、自分でしっかり決めてくださいね。

 

「自分たちの暮らしにぴったりの家づくりをしたい」とは誰もが思うこと。

であるならば、「自分たちの暮らしにぴったりのローン選びをしたい」とも思うべきです。

家を買う、ということは「住宅ローンを買う」ということでもあるのですから。

web009_002

 

住宅ローンを選ぶ際に、まず比較すべき部分は「金利」です。

当然、金利が低ければ低いほど、利息も少なくなります。最長35年のローンですから、1%の違いで、支払うトータルの金額はずいぶんと変わってくることをまず認識しましょう。

 

例えば、2%の金利で3,000万円を借り、35年で返済するとします。すると、利息は1,180万円。「えっ、3,000万借りるのに、4,000万以上払わなきゃいけないの? そんなのおかしくない?」と思ったあなた、全っ然、おかしくありません。住宅ローンとはそういう仕組み、お金を借りて利子をつけて返すというのは、そういうことなのです。

 

では、同じ条件で金利が2%から3%に上がったとしましょう。

すると、利息は1,850万円。2%なら1,180万円で、3%だと1,850万円。

たった1%の金利の差でも、最終的に700万円近く返済額が跳ね上がるのです。

 

700万円浮いたら、何ができるでしょう。

世界一周、余裕でできますね。クルマを2~3台買い替えられますね。なんなら新事業もはじめられますね。飲食店の独立開業とか平気でできちゃいそうですね。

 

住宅ローンの選び方ひとつで、今後の人生設計がだいぶ変わってくるということ、わかっていただけましたか?

web009_003

さて、その住宅ローンを決める際、選択しなければいけないのが、「金利タイプ」です。

ざっくり3つに分けると、「固定金利型」「変動金利型」、そしてそのどちらの性質ももつ「固定金利選択型」となります。

 

web009_004

読んで字のごとく、金利が固定されるタイプです。返済全期間が一定の固定金利なので、契約した時点で最終的にいくら返済するかが決まっています。メリットは、「トータルの返済額がわかるので返済計画を立てやすく、金利上昇のリスクがないので金利にいちいちビクビクして生活しなくていい」こと。最初に全部決めてしまう、それがシンプルイズベスト!という感じですね。

 

デメリットとしては、金利がややお高め。そして将来住宅ローンの金利が下がったときに、なんだか損した気分になる、という感じです。

 

民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携する「フラット35」などは、この固定金利型の代表的な住宅ローンです。

 

ちなみに、今の金利はだいたい1%台。かなりの低金利時代でございます。読者の皆さんが20代~40代と仮定すると、皆さんのお父様お母様の時代と比較して、べらぼうに低いです。(ただ、その分預金金利もべらぼうに低いですが…苦笑)

 

web009_005

 

こちらも読んで字のごとく、金利が変動するタイプです。固定金利型の対極。返済期間中の金利の変動にあわせて、金利が定期的に見直されます。「最終的にいくら払うのかわからないなんて不安だ!」とお思いの方も多いでしょうが、こちらのメリットは、「固定金利型よりも金利が低めに設定されていること」。

 

さらに世の中の情勢にあわせて、金利がさらに下がれば、支払額はさらに減少します。ただ、もちろんその逆もあり。安いからこっちにしよ、と気軽に契約したはいいものの、その後金利がぐんぐん上昇してウヘー、となることも。

 

web009_006

 

このタイプは、一定期間だけ金利を固定するというもの。例えば、3年、5年、10年などの期間だけ固定金利型よりも低く金利を設定し、その期間が過ぎたら、固定金利型にするか変動金利型にするか選べるというタイプです。

 

メリットとしては、「最初は、固定金利型よりも金利が安めに設定されること」と「固定期間終了後にもう一度金利タイプを選択できること」です。後者は当然デメリットの側面ももっていますので、固定期間終了後、どちらにしろ金利が上昇していて想定していた額より多く支払う羽目に、ということもあり得ます。

 

web009_007

 

上記の3つのタイプはどれも一長一短です。「今の金利で十分満足、支払いのトータルが分かった方がいいなー」という方は固定金利型がよいでしょうし、「できるだけ低い金利で契約したいし、今後の世の中の動向を考えてもそんなに金利が上昇することはないだろう」と考える方は、変動金利型がよいかもしれません。

 

自分たちの暮らしに負担のない返済は、3つのタイプのうちのどれなのかを考えてみましょう。

そのためにやってほしいこと。まず、自分たちの「人生のマネープラン」を作ってみてください。これからの仕事の収入の変化、出産、育休、子どもの進学時期や教育費、子どもたちがいつ家から巣立っていくか、クルマを買い替える時期、退職金、老後などなど。そして、そのプランと照らし合わせて、無理のない返済をするには、どうすればいいかを検討すべきです。

 

夫婦だけでは答えを出すのに不安…ということなら、親御さんにアドバイスを求めたり、ファイナンシャル・プランナーなどの専門家に相談するのもありです。むしろ、そうしてください。第三者の客観的な意見を聞くことは大切。どんな意見が出てこようと、でも最後に決めるのは、自分ですから。

 

 

ちなみに、現在の住宅ローンの金利を知りたい方は、「住宅ローン 金利」などのキーワードで検索すれば一発で比較サイトなどが出てきます。ローンシミュレーションを使えば、月々の返済額にあわせて借り入れできる金額などもウェブ上でわかりますので、どんどん利用してみましょう。

 

住宅ローン金利を調べて、「金利、低っ!」と感じたら、もしかしたらそれは家づくりをはじめるいいチャンスかもしれません。

 

というわけで今回は「家づくりのお金の話【ローン編】」をお送りしました。ご利用は計画的に!