「賢い家づくり」をはじめる前に




こんにちは、アールプラスハウス長岡のアールです(^o^)

春の足音が少しずつ近づいてきましたね。冬のあいだは外出が億劫だったけれど、「さて、家づくり、そろそろ本腰入れて取り組むか」と、ハウスメーカーのオープンハウスやモデルハウスが気になりはじめた方も多いのではないでしょうか。年度替わりの春は、引越や新生活の季節でもあり、気分新たに「暮らし」を見つめ直すいいタイミングかもしれません。

 

しかし、一口に「家づくり」といっても、「何からはじめていいかわからない」という相談をよくいただきます。

 

「まず土地を探せばいいの?」

「ハウスメーカーやビルダーに問い合わせをすればいいの?」

「とりあえず住宅関係の仕事をしている知り合いを探せばいいの?」

「なんとなく『新築 長岡 おすすめ』とか適当なキーワードでグーグル検索してみたけど、よくわかんない」

 

家づくりへのアプローチの方法は、人それぞれ。「親戚が建てた家が素敵だったから、そこの工務店を紹介してもらった」という場合もあれば、「テレビのCMでなんかいい感じっぽかったから、オープンハウス行ってみた」という場合もあったり、「友達の建築家にまるっとお任せしちゃった」なんて人もいるかもしれません。

 

でもまず最初に考えるべきは、どこでどんな暮らしをしたいか。そのイメージを漠然としたものでもよいので、もつことです。家族の未来を思い浮かべて、自分たちなりのこだわりを見つけましょう。「子どもを○○小学校に通わせたい」という人は、その学区の土地を探すべきです。「自分たちの理想の家のイメージを具現化して欲しい」という人は、建築家やビルダーに相談するべきです。

 

しかし、どんなアプローチからはじまる家づくりでも、共通してお伝えしたい「大切なこと」があります。

それは、家づくりについての事前知識を、少しでもいいので学んでほしい、ということです。

blog_1

 

家はとてつもなく大きな買い物です。洋服を衝動買いするのとはわけが違います。洋服は、気に入らなければクローゼットに吊したままでも、リサイクルショップに売っても、体型の似た友人にあげちゃっても、何も問題はありませんが、住宅は、これから長い長い年月、家族と一緒にそこに暮らし続けなければいけません。

 

「オープンハウスで見た家のセンスがいいから決めました」

「なんとなく営業さんがいい人そうだったから、このハウスメーカーにしました」

「うちの奥さんがいいって言ったので、逆らえませんでした」

 

確かに直感は大切です。夫婦仲も大事です。でも、「なんとなく」で家を建てるのはやめてください。建てるなら、自分でしっかり納得できる、性能やデザインや暮らしやすさのバランスのとれた「いい家」を、信頼できる会社としっかり手を組んで、建てて欲しいのです。

 

ちなみに、「満足に考えることなくなんとなく建てた家」と「しっかり自分で考えて建てた家」、ふたつは何が違うと思いますか?

 

blog_2

 

まず最初に挙げられるのは、「暮らしやすさ」です。

 

建て売りの住宅を買う場合は、家に自分たちの暮らしを合わせる必要がどうしてもあり、ある程度の暮らしにくさや不便さは我慢しなければならないでしょう。でも、注文住宅で暮らしにくいのは大問題。例えば、毎晩夜中に帰ってくる仕事をしているのに、子ども部屋が玄関のすぐ真上にあるため、帰宅の度に必ず子どもを起こしてしまい、子どもも自分も寝不足になってストレスのたまる家。例えば、家事はいつも決まった時間にまとめてササッとするのが習慣なのに、台所と洗濯機と物干しスペースが離れていて、いちいち階段を上り下りしなければいけない家。

 

前者は、家族のライフスタイルや生活習慣をきちんと考慮した間取りにすることで無駄なストレスを解消できますし、後者もまた、どんな生活をしたいかを設計者に理解してもらうことで、より効率的な家事動線を計算して気持ちよく家事に取り組むことが可能です。

blog_3

 

次に挙げるのは、「無駄に高い家を買わされる可能性」です。

 

注文住宅のよさは、なんといっても自分たちのわがままを聞いてくれること。そんなふうに思っている方、ちょっと注意してください。「なんでもお客様の希望に合わせて家をつくります」というスタンスのビルダーが、「ミリ単位でお客様の要望通りに設計します」と言ったら、あなたはどう思いますか? 親切ないいビルダーだ、と思いますか? 待ってください。そのビルダーの感覚は、お客様目線のようで、実はまったく異なります。

 

家のいたるところをミリ単位でオーダーメイドしたら、果たして大工さんや職人さんの作業はどれだけ増えるでしょう。当然それは、コストとなって家の値段に反映されます。家づくりには、基準となるサイズ、規格というものがあります。それは効率的かつ合理的に家をつくるための基本的なルールです。そのルールと予算のバランスを考慮し、できる範囲でできることを考える、お客様に提案し、ときには説得もする。それが、本来あるべきビルダーの姿勢ではないでしょうか。

 

それは、家づくりの材料にしてもそう。日本の家づくりにおける「建材」の入手方法は、メーカーから商社、問屋、卸業者、そして住宅会社と、たくさんの会社を経由し、無駄な流通コストをかけています。だから、日本の家は高いのです。そのことを知らんぷりして、「お客様のお好きな建材を自由にお選びください」とやっているビルダーが少なくないのが、残念なところです。例えば、同じ質・性能の建材があったら、メーカーから直接仕入れることのできる低コストのものを使う。そういう感覚を、発注する側もされる側も共通認識として持てば、家づくりそのもののレベルがぐんと上がると思いませんか?

 

blog_4

 

最後に最も切実な問題だと思うのは、月々のランニングコストのこと。

これはズバリ「家の性能」が左右します。そしてこの部分こそ、いちばん皆さんに事前知識として学んで欲しいと思うことなのです。前々回のコラム「高気密・高断熱ってどういうこと?」でもお伝えしたとおり、家の性能がよい家は、省エネルギーで快適で健康的です。

 

性能のよい家は、省エネルギーで冷暖房費などの電気代を節約できますし、部屋の温度差が少ないので身体にもやさしい。さらに結露も起きにくくカビやダニが発生しにくいため清潔です。それになにより、家が長持ちします。

 

blog_5

「性能のよい家を、コストを抑えて建てる」

それが最も賢い家づくりだと私は思います。そのために、家の性能や、コストのかけ方について、少しでもいいので事前に考えたり、学んだりして欲しいのです。それに、「いい家」についての自分なりの考えがないと、「いい家ができた!」という実感は持てません。自分たちの家族にぴったりの、素晴らしい家が完成したとき、胸を張って満足だと思えるその感動を、ぜひこれから家づくりに取り組む皆さんに体験して欲しいのです。

 

「だけど学ぶって言っても、本読むの面倒くさいし、調べ物とか学校の勉強みたいでいやだな」という方も多いことでしょう。「ハウスメーカーに話を聞きに行ってもさ、結局、その会社の人に営業されて、あとから電話がジャンジャン鳴ったりするんでしょ?」「ていうか、メーカーが本当のこと教えてくれるわけないじゃん」と思って、誰にも聞けずにモヤモヤしてる方もいるのではないでしょうか。

 

そんな方には「賢い家づくり勉強会」をおすすめします。家づくりの本当のところを学びたい、という方たちのために、住宅や資産についてのプロフェッショナルが家づくりのポイントをわかりやすく解説してくれるイベントです。

 

・持ち家の種類や住宅メーカーを選ぶポイント

・住宅の性能とは何か

・家の価格はなぜあんなに高いのか

・快適な家ってどんな家だろう

・土地選びのポイント

・家づくりの最適なタイミング

 

こういった内容に興味のある方、家づくりについてまとめて勉強したいという方、35年ローンを組む前にもう一度考え直してみたいという方、無料の勉強会なので、よい機会にしてみてはいかがでしょうか。

勉強会については、こちらに詳しい情報が掲載されています。

 

以上、今回は、賢い家づくりをはじめる前に、ぜひ皆さんに考えていただきたいことをお伝えしました!