二百歩目 早いモノ勝ち?!




みなさま こんにちは
営業の野崎です。

低気圧の影響で北海道は台風並みの強い風が吹いたり
tauhu

 

 

 

雪の映像などもニュースで目にしました。《火球?も飛んでましたね…》
いよいよ冬が近付いてきました。早めのタイヤ交換で安全に過ごしましょう。

ところで

回を重ねてまいりましたこのブログ
祝!200歩目を迎えることができました。

kurakka-

 

 
 

ほんとは社内のルールでスタッフ持ち回りで更新しているのですが
記念すべき二百歩目のブログは横取りしちゃおうかなと(^^)

二百歩の歴史の中には
長~い文章もあったり
短~い文章もあったり
分かりやすい文章もあったり
よくわかんない文章もあったり・・・
個性いろいろです。

スタッフそれぞれの思うこと、価値観など
感じていただけたら嬉しいです。

 

 

そんな秋の深まった今日この頃
我が家のテレビが壊れました・・・

画像に帯状のノイズが入り、見えなくなってしまったのです。
スイッチを入れて数十分経つと自然に見えるようになるのですが
その時間がだんだん長くなり、とうとう回復しなくなっちゃいました(++)

TV

 

 

 

 
こんな感じ

たたくと治る?
・・・そんなはずは・・・

 

社のT氏に話すと
「寿命らて寿命!安くなってるから買っちゃえば!!」とのこと

寿命って・・・まだ購入してから4年しか経ってないんですけど・・・

でも保証期間はとっくに終わってるし
こういう電化製品って修理しようとすると新品を購入できるぐらい費用がかかって
『新品買っちゃった方がいいですよ』という店員さんの声が聞こえてくるよう。

よくある話ですけどね。

 

とりあえず休みの日に近くの家電屋さんへ
TV売り場には最新鋭の高級機種が陳列され、映っている映像も
4Kとか〇〇倍速とか、ちょ~きれ~!

一緒に行った娘との会話
「やっぱり新しいテレビはいいね」
「最近のはさらに画像もきれいだし、画面も大きくていいね」
「60型とか・・・いっちゃう?(^^)」
「いいね!60型かあ~・・・いっちゃうか!」

もう買う気まんまん!
そばで会話を聞いていた妻はあきれて

「60型なんて絶対無理!買うんだったらもっと小さいテレビねっ!」

ハワイ島のキラウエア火山よりも激しい噴火を起こし
萎縮する父と娘・・・

hunka

 

 

 

ちょうど店員さんが通りかかったので一応聞いてみたら
翌日には点検に来てくれるとのこと。
ダメもとでしぶしぶ点検を依頼しました。

点検当日は私は仕事だったので妻が立ち会い。
メーカーさんの専門スタッフ2名が来てくれたそうです。
で、その時に初めて
「液晶パネルの不具合だったらリコール対象かも知れません」
という話を聞き、点検開始。

調べてみると
液晶パネルの不具合はリコール対象とのことで
ものすごく段取り良く新しい液晶パネルが持参されており
(修理依頼のとき型番は伝えていました)
手際良く新品のパネルをはめ込んでくれました。
syuuri

結局、修理費・点検料は無料!
新品同様になりました。
慌てて買わなくてよかった~(^^)

 

 

車や火気を使用する暖房器具などはリコールの際
大がかりなTVCMやチラシなどで告知されていますが
テレビのような家電製品はそこまでの義務は無いらしく
申し出た方のみ対応するそうです。

言ったもん勝ち
なんかずるいなあ・・・と思うのは私だけ?

 

 

住宅の場合はアフターメンテナンスがあります。
何も不備がなくても一定期間ごとに定期訪問をする会社がほとんどで
それ以外にも不具合があれば早急に対応するというのが一般的ですね。
リコールで簡単に部分修理ができる製品とは違って
住宅は永く快適に住んでいただくための管理が必要です。

不具合についてはとにかく早さが一番!
そしてお客様への対応内容は、住宅メーカーの品質に直結すると考えています。